一日バスレク「防災教室インお台場」の報告

首都直下型地震は近いうちに起るといわれています。親の会でも防災について勉強し、地震が起こったときを想定していろいろ考えていますが、その一環として今回「防災教室インお台場」を企画しました。

9月4日(日)朝方まで雨が降っていましたが、出発の8時ころにはすっかり雨も上がり、日が照ってきました。まずお台場の「そなエリア東京」に行って、発災時に使われるオペレーションルームの見学、「東京マグニチュード8.0 東京直下72h」の映像を見て、防災に関することを学び、防災体験学習ツアーをしてきました。地震発生後72時間はなんとか自力で生き残らなければなりません。映像や体験を通して皆さん自分のこととして少しは学べたのではないかと思います。

昼食後は日の出桟橋から水上バスに乗って浅草まで行き、最後に東京スカイツリーの展望デッキに上り空中散歩を楽しみました。

内容が大変盛り沢山でしたので、一日充実した有意義な時間を持つことができました。

78名の参加者の皆さんお疲れ様でした。