自己決定ハンドブック完成報告会

3月24日(金)新宿区立障害者福祉センターにて『知的障害児・者のハンドブック』人生の主人公として生きるための~26の権利~の完成報告会がありました。
新宿区手をつなぐ親の会が日本財団の助成を受け、1年かけて製作しました。

ページを開くと、26の権利がそれぞれ、左のページに権利、権利実現の為に、課題、課題の実現と課題解決のためにの項目についての解説が大きな字でわかりやすく書かれていて、右のページにはTOPICSとして事例が書かれていて、とてもわかりやすい作りになっています。
別冊の方は、ここ1年間、このハンドブックの為に開催された勉強会の内容をまとめたものと、このハンドブックを出版するにあたってきっかけとなった「Where Human Rights Begin(人権の出発点)の一部、翻訳した物が掲載されていて、2冊1組です。

読んでいただくと、日常生活に関する権利を確認し、、多くの課題を解決していくヒントを見つけることができて、重度軽度など関係なく障害のある人皆がいきいきと生きていける社会に近づいていけるのではないかと思います。

知的障害者を支援されている方、その御家族、知的障害者に少しでも関わってくださっている方、将来福祉の仕事をしたいと考えている方、教壇に立たれている先生、知的障害者の成年後見人、知的障害者に何の関わりも無いけどこのハンドブックに興味を持たれた方、全ての人に読んで頂けたら、嬉しいです。

4月以降に販売を開始する予定ですので、興味のある方は下記連絡先まで、4月以降にお問い合わせ下さい。

連絡先
新宿区手をつなぐ親の会
会長 内藤 美那子
アドレス oyaoyaganbare@yahoo.co.jp