幸麗会 行政書士・渡部伸氏勉強会

2017/06/16  幸麗会主催 講演会報告

「親なきあと」相談室主宰で行政書士の渡部伸様に「障害のある子の家族が知っておきたい『親なきあと』~『親あるあいだ』の準備~」という内容でご講演をいただきました。

「親なきあと」の課題 ①お金で困らないための準備をどうするか ②生活の場所をどこに確保するか ③日常生活のフォロー・困ったときの支援はどうなるのか を一つずつ具体的な事例をあげながらわかりやすく説明をしていただきました。

最後のまとめの中で、社会(地域)との接点を持つこと、子どものことを話せる相手をみつけておくこと、最低限の準備はしておくことなど、親がしておかなければならないことを再度確認することができました。いざというときのために、他の人に安心して子どもを託せるように、多くの人と信頼関係を築いておくことが大事だと思いました。

渡部伸様ありがとうございました。